Top Menu shortcut left menu shortcut main content shortcut


05


鬱陵島イカ

鬱陵島イカは 6 月から翌年 1 月まで鬱陵島近海の清浄海域で取ってきれいな海岸で太陽に乾燥する。色が透明で明るくて赤い色を帯びることが上品である。特に秋になって天気が乾燥して風が凉しい時に乾燥したイカがいちはん味が良い。

鬱陵島イカ

テングギッデ(いかを乾燥する時使用される竹)には鬱陵島産イカという表示がある。

料理ではイカみす刺身、酢で和えたいか、なべ物、イカスンデ、イカ焼肉、イカ内臓汁物、イカ塩辛などがあり、鬱陵島内の刺身食堂、苧洞活き魚売り場、道洞埠頭などで鬱陵島イカをチープな価格に味わうことができる。

鬱陵島ホバックヨッ(カボチャ飴)

鬱陵島ホバックヨッは防腐剤を全然添加しないで、無公害の鬱陵島カボチャを 30% 以上入れって作るので他の飴に比べてよりべたつかないし、歯牙にもくっつかない。また甘みが強くなくて後味が特によい。在来的な伝統を維持しながら現代的な施設物を設置してより清潔で衛生的に作るのでその名声を認められている。あめん棒、カボチャゼム、カボチャ水あめなどがある。

鬱陵島ホバックヨッ

  • 仕入先 : 鬱陵島内特産物店で購入

香木木工芸品

天然記念物と指定し保護される鬱陵島香木は模様が珍しくて香りが強いのが特徴である。道洞の薬水の出る泉と道洞港周辺の記念品商店で多様な製品を見られる。

鬱陵島ホバックヨッ

top

鬱陵島山菜

鬱陵島は位置上中緯度圏に属する温帯海洋性気候地域で大部分山と谷で形成されているので固有の生態的特性を持っている多い植物が多様に自生している。鬱陵島山菜は早い春に雪の中で芽を開かし日照量が適当なので味と質が優秀であり、薬效を持った植物が多い。春期に採取する植物のなか乾山菜は年中購入が可能であり、季節による生彩を道洞埠頭などで販売する。

鬱陵島山菜

麻(参)ナムル
杉を

ヤマブキショウマとも言う。深い山の高山地帯に自生する麻ナムルは多年生草本植物で高い栄養素と独特の香と味で人気をあつめているし、人参の主成分と知られたサポニンが多量入っていて麻( 参 )ナムルとも呼ばれる。煮った後和えることで食べるとか各種汁などに入れる場合口当たりのいい味がする。

薇(ゼンマイ)
参照費

ゼンマイはワラビと似ていたがカロリーはワラビより高い高級山菜である。鬱陵島産は良質のタンパク質と含水炭素が多いしビタミン、灰分などの栄養素が豊かである。各種汁の材料で使われるし炒めても食べる。

蔓人参
蔓人参

鬱陵島の蔓人参は苦みが少ないし纎維質が柔らかくて生でおろして食べるのに相応しい。自然状態とほとんど等しい条件で栽培されサポニン含量が高くて薬效がすぐれると知られている。

前胡
J前号

鬱陵島の全域に自生するせり科の植物としてにんじんの葉とそっくりな模様をしていて、独特の香味がある山菜であり鬱陵島で珍味を味わうことができる。

ブジギャングイ
ブジギャングが

多年草で 紫完、紫苑、ゲチムィ、白苑とも呼ばれる。鬱陵島では冬の雪の中でも育っていて四季採取が可能であり味がすぐれて全国的に有名である。

茗夷、やまにんにく
人が(茗夷)、サンマヌル

多年草でにんにく、にら、ひめにらのように独特のにおいと辛い味が特徴である。高麗時代(1157年)の空島政策で島には人が住まなかったがその後 1882年朝鮮高宗19年に開拓領で本土で開拓民が入って来た。冬になって持って来た食糧がなくなり風浪はひどくて食べ物を求めるあてがなくて飢えに苦しんでいるとき、雪の中で芽が出るやまにんにくを見つけて、それを食べて冬を過ごしたと言って茗夷と呼ぶようになった。茗夷は1月末頃の雪の中で育つ。

やまにんにくには纎維質が多くて臓の運動を刺激して臓の中にある毒性を排出してくれるし、コレステロールを正常化させる。また便秘にも良い。茗夷熟鱠を始じめ、和えもの、茗夷つけもの、茗夷ギムチなどの料理がある。

top


top